木津川市『南加茂台』はどんな街?住みやすい?【勝手に街紹介】

木津川市『南加茂台』はどんな街?住みやすい?【勝手に街紹介】

株式会社おるすまが勝手にあなたの街を紹介する【勝手に街紹介】。今回は木津川市南加茂台エリアについて紹介していきます。

木津川市「南加茂台」の概要

木津川市南加茂台は木津川市で最東部に位置する住宅地です。ちなみに南加茂台は「ながもだい」と読みます。「みなみかもだい」ではありません。

南加茂台エリアはとにかく四方を山に囲まれた緑豊かな環境に突然住宅街が登場するというような場所にあり、1990年代から開発が進んでいる古くからの住宅街になります。

南加茂台エリアの人口は5394人・2388世帯(2020年木津川市の住民基本台帳登録等世帯・人口集計表)と言われています。

木津川市「南加茂台」の学校

木津川市南加茂台の学校区は、小学校は南加茂台小学校・中学校は泉川中学校になります。

木津川市の市街地や加茂駅周辺からも遠い立地ではあるものの、小学校・保育園などは南加茂台の中にあり、泉川中学校もかなり遠いというものでもないため意外と通学では不便はありません。(中学校遠いけど田舎にしては普通の距離です)

木津川市「南加茂台」の公園

木津川市「南加茂台」の公園
木津川市「南加茂台」の公園

木津川市南加茂台の公園は南加茂台各所に小さめの公園が点在しています。もともと周辺は自然も多いので街中に自然や広場が必要かと言われればそうでもないのですが、他のエリアと比べると若干住宅が多く公園が少ないようにも感じます。

木津川市「南加茂台」の医療施設・病院

木津川市「南加茂台」の医療施設・病院
木津川市「南加茂台」の医療施設・病院

木津川市南加茂台には医院が集まっているエリアがあります。通常の診療所的な医院や耳鼻科・歯科など専門医も開業しています。

昔からの住宅街でもあるので入居者のなかには高齢者も多く、こういった街の医院が便利で助かるという声もよく聞かれます。(あと東側の方に住む人は病院の帰り道が坂道過ぎてしんどい。という声もよく聞きます。)

木津川市「南加茂台」の商業施設

中心地は商店街が形成されている

木津川市「南加茂台」の商業施設
木津川市「南加茂台」の商業施設

郵便局や保育園のある南加茂台北側のエリアは南加茂台の中でも中心地となっておりさまざまな商店が並んでいます。バスロータリーを中心に

  • ダイエーグルメシティ加茂店(スーパー)
  • 郵便局
  • 南都銀行
  • ブックスなかた(本屋)
  • 夢の森(衣料品店)
  • コトブキ加茂店(花屋)

その他にも学習塾やクリーニング店やドラッグストアなど生活に必要なものはとりあえずは揃いそうな出店です。若者からすると、ちょっと行くことはないかな・・・というお店も多いですが。

州見台・梅美台の方には商業施設が多数

木津川市南加茂台は周辺の州見台・梅美台・城山台などの開発によりそのエリアに誘致された大型の複合商業施設が使えるようになり比較的便利になりました。

南加茂台の中での買い物に物足りなさを感じる場合は梅美台のフォレストモールや州見台のガーデンモール木津川に行けば問題なくショッピング可能なので、車で買い物に行く場合はそういったエリアまで行くという方も多いです。

木津川市陸の孤島選手権1位・南加茂台

木津川市は結構公共交通機関の使いにくいエリアも多く、「陸の孤島」など呼ばれるエリアも多いです。梅美台や州見台は歩いていけるような最寄り駅と呼べる駅がなく、城山台も一部の地域を除き駅まで20分ほどかかる立地がほとんどです。

そんななかでも一番の陸の孤島と言われるのがこの木津川市南加茂台です。最寄り駅はJR加茂駅ですが徒歩で行くと25分ほどかかりあまり現実的ではありません。

さらに徒歩で25分かけていった先が「加茂」駅という大阪に行くにしても京都に行くにしても一旦「木津」駅で乗り換えを必要とする駅というところも孤立感を強めています。(加茂の人が奈良に行く場合はバスで行きます。奈良交通最強。)

しかしその立地もあってか不動産価格はかなりお手頃で、広い敷地を無理のない価格で購入できるので、田舎志向の人には穴場的な人気をもつ住宅街になっています。

木津川市『南加茂台』はどんな街?住みやすい?【勝手に街紹介】:まとめ

木津川市南加茂台は緑に囲まれたエリアに突然現れる結構な規模の住宅街。

木津川市の他の開発地や中心の市街地からも遠く、駅からも遠いので陸の孤島的扱いを受けているが、意外と小学校や商業施設や医療施設もあり、不動産価格もお手頃なので隠れた人気の住宅地。

投稿者: 内田 隆一

㈱おるすま代表取締役・内田隆一。新築一戸建てを中心に不動産仲介営業経験10年。奈良・京都・大阪の物件情報や地域の情報も紹介していきます。