奈良市の子育て支援・結婚・育児の支援【子育てしやすい街?】

奈良市の子育て支援・結婚・育児の支援【子育てしやすい街?】

子育て世帯や新婚の方々にとっては「子育て支援のある市町村か」というところも重要な判断要素になると思います。今回は奈良市の子育て支援体制について紹介していきたいと思います。

奈良市は「子育て@奈良」という子育て支援の情報を発信するサイトも作っておりわかりやすく情報発信もしています。

奈良市の結婚・出産の支援

結婚祝い・出産祝いなど

結婚祝いや出産祝いなどの支援はありません。

妊娠判定受信料補助事業

市民税非課税世帯の人、生活保護世帯の人のみが対象ですが、妊娠判定に要する診察及び尿検査、必要に応じて超音波検査の費用を上限7000円まで補助してもらえます。

妊婦健康診査費の助成

奈良市に住所のある妊婦を対象に妊婦健康診査費が助成されます。マイナンバーカードやそれに代わる本人確認書類をもって「妊娠届け出」をすることにより、「妊婦健康診査補助券」というものがもらえます。

この妊婦健康診査補助券と言われる券を医療機関に渡すことにより、その時期に必要な妊婦検診うけられるというものです。基本版は計14枚(14回分)になっており合計97,500円の検査費用を補助してもらえます。

子育て世代包括支援センター「はぐくみセンター」

奈良市には子育て世代包括支援センター「はぐくみセンター」という窓口が設置され、子育て世代の妊娠期から出産までの生活をサポートしてくれる窓口があります。

  • 場所 奈良市保健所教育総合センター3階 母子保健課
       奈良市三条本町13番1号
  • 連絡先 電話:0742-34-1978

妊娠期から子育て期の相談にも乗ってくれる窓口で、来所しても電話でも相談可能です。

その他にも奈良市はエリア的にも広いので、都祁保健センター(0743-82-0341)という包括支援センターもあります。

不妊治療・不育治療の助成

奈良市に現在住所を有している夫婦を対象に特定不妊治療を受けた夫婦の経済的負担を軽減する助成金です。

助成の主要な条件としては

  • 特定不妊治療(体外受精や顕微授精であること)
  • 妻の年齢が43歳未満で治療を開始したこと
  • 夫婦の合計所得が730万円未満であること

が挙げられています。詳細はこちらをご参照ください

奈良市の子育て支援

乳幼児・子どもの医療費助成

乳幼児やこどもの保険診療の医療費自己負担額を助成する制度。(完全全額助成ではなく、一部負担金はあり)

対象年齢出生・転入の日から中学校卒業まで
自己負担額【乳幼児】通院・医療機関ごとに1か月500円の一部負担
入院・医療機関ごとに1か月1000円の一部負担(14日未満の入院は500円)
【小学生】医療機関ごとに1か月1000円の一部負担
入院・医療機関ごとに1か月1000円の一部負担(14日未満の入院は500円)
【中学生】医療機関ごとに1か月500円の一部負担
入院・医療機関ごとに1か月1000円の一部負担(14日未満の入院は500円)
対象サービス通院・入院
入院の場合は食事療養費の自己負担金あり
所得制限なし
奈良市の乳幼児・こども医療費助成制度

つまりは同じ病院に月に何度通院しても乳幼児の場合500円の支払で治療を受けられるという制度で、何度も体調を崩してしまうような場合でも金銭的な負担を軽減しようという取り組みです。

奈良市の子育て支援に関する口コミ

  • 医療費助成も以前は病院で全額負担しあとで償還払いだったが今は改善されている。30代女性
  • エリアによる教育格差がある。50代男性
  • 世界遺産や観光地も多く文化や歴史のあるところなので子育てには適している。60代女性

投稿者: 内田 隆一

㈱おるすま代表取締役・内田隆一。新築一戸建てを中心に不動産仲介営業経験10年。奈良・京都・大阪の物件情報や地域の情報も紹介していきます。